5.0 (2018.2月) リリース

iOS音楽プレーヤー ColatPlayer 5 を本日(2月8日)にリリースしました。

追加機能
1.iOS11のネイティブ機能を用いた FLACファイルの再生
2.フォルダによる iTunesファイル共有、iOS11ファイルアプリ経由での音楽ファイル追加に対応
3.スタープレイリスト 好きな曲をランク付けし、選曲する機能
4.アーティストに属する曲を一括でキューに追加する機能

AndroidやWindowsMediaなどで
フォルダベースで管理されている音楽ファイルを
iTunesファイル共有、iOS11ファイルアプリ経由で
取り込み再生する事が出来ます。

詳しくは、
Folder再生機能
より確認できます。

機種交換などの古い端末を音楽プレーヤとして利用するのにも最適です。

基本機能は、無料でご利用いただけます。
是非、お試しください。

5.0 (2018.2月) の新機能紹介

1.iOS11のネイティブ機能を用いた FLAC ファイルの再生
2.フォルダによる iTunesファイル共有、iOS11ファイルアプリ経由での音楽ファイル追加に対応
3.スタープレイリスト 好きな曲をランク付けし、選曲する機能
4.アーティストに属する曲を一括でキューに追加する機能

FLAC再生について

ColatPlayer Ver5.0 の新機能として
iOS11に追加された FLAC再生機能に対応いたしました。

FLACファイル (拡張子.flac)を以下の方法で
ColatPlayerに読み込み再生します。

1. iTunesのファイル共有
1-1. win/mac iTunesのファイル共有からファイルをコピーします。

1-2. ColatPlayerのFolder機能 から更新ボタンを押します。

1-3. 確認画面が出るので更新ボタンを押し、Folderライブラリーを更新します。

2. iOS11 フォルダアプリ
2-1. フォルダアプリを起動します

2-2. 音楽ファイルを選択します
ここでは、iCloud Driveにアップした音楽ファイルを選択します。
コピー先を選択するには、画面下のフォルダアイコンをタップします。

2-3. 移動先に “このiPhone内 colatplayer” をタップします。

2-4. ColatPlayerのFolder機能 から更新ボタンを押します。

2-5. 確認画面が出るので更新ボタンを押し、Folderライブラリーを更新します。